酵素が豊富に摂取できるす食品はどれ?

酵素はベルタ酵素ドリンクなどで簡単に摂取できますが、そもそもどのような食品に豊富に含まれているのかを解説します。

 

結論から言うと、酵素が多く含まれており、効率良く摂取出来る食品は生野菜、フルーツに加え発酵食品も酵素を摂取できます。

 

酵素は加熱調理すると酵素量が低下してしまうので、野菜や果物は熱処理せずにサラダや生のまま食べるのがおすすめです。

 

野菜をサラダなどで食べるときに水につけておくなどがありますが、水に長時間漬けておくと酵素が逃げてしまうこともあるので、さっと洗い流す程度でサラダにするのがおすすめです。
果物の場合は、よく洗ってから皮ごと食べることで酵素の摂取料が向上します。
リンゴなどは産地によっては、ワックスで磨かれている場合などがありますので、その場合はしかっり外面を洗った上で食べるのがおすすめです。

 

日本食は発酵食品酵素の宝庫!

日本には特有の発酵食品がありますが、これらの食品から酵素を摂取することができます。
その代表格が味噌です。
味噌の中でも、生タイプの味噌を使用して味噌汁などを食することで酵素を摂取できます。

 

納豆や鰹節も発酵食品としても有名ですが、これらからも酵素を摂取できます。

 

野菜とフルーツでお手製の酵素スムージーを作れる!

野菜を加熱調理しない方法でスムージーにすると、酵素が豊富なスムージーを作ることができます。
ジューサーなどで作ることができますが、ジューサーで高速回転させて調理するとその熱で酵素が失われています場合もあります。
もっともおすすめなのは、「いきき酵素くん」という酵素ドリンクを作るのに適したジューサーです。
コップ一杯分を作るのに多くの野菜を必要としますが、酵素をそのままに多くの野菜の酵素をコップ一杯で摂取できるという魅力があります。

 

多くの野菜を食べることができない人でもこのアイテムを使うことで、多くの野菜と果物からの酵素を余すことなく摂取することができるのでおすすめです。

 

お手製の酵素ドリンクを作る際におすすめな野菜とフルーツは、

 

  • りんご
  • バナナ
  • イチゴ
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • キウイ
  • メロン
  • トマト
  • にんじん
  • ほうれん草
  • セロリ
  • キャベツ
  • パプリカ
  • アボカド
  • 大根

 

などがおすすめです。
もちろん全てを一杯に入れる必要はなく、あるもので作ったり、味の好みに合わせてミックスさせることで飽きが来ない酵素ドリンクを毎日楽しむことができます。